お気に入りのキャバクラ見ぃつけた!

男の人にとって「癒し」であったり、「天国」であったりするようですが、基本的には、お触りはいっさい無しでたのしく飲んで仲よくなりましょうというたたずまいを買って手に入れる場所です。

 

ちなみに「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」によって定められてるので、18歳下記の人の接待はできないし、従業員の18歳以下は刑事罰が適用されます。

 

女性従業員はこれが当然お仕事なのです。でも、悲しいかな、仕事だとしても、女の子にやさしくされたり、笑顔で話しかえられたりすると、もっと仲良くなりたい、いずれはもっと上のことも…と欲望が尽きないことになるのです。

 

飲み物も1杯1,000円。通常からすれば、大変高額なのですが、これが、キャバクラの常識です。

 

もし、遊び方を知らなければ、そしてルールを守らなければ、底ナシの地獄となってしまう、キャバクラ。
キャバクラでは、女性従業員が感情接待するため、1時間5,000円程度かかります。
男性客は基本的に女性スタッフにたのしく接待されます。
コストのずいぶんかかる「癒し」なんていわれますが、それを理解していても、世の男性はわずかな時間の笑顔のために、お金をつぎ込むのです。
ここでは、キャバクラのお役立ち情報を紹介していきます。

 

明朗会計で、お客様を女の子が「気分よく飲ませてくれる」場所です。
さて、このキャバクラ、ここがなんで「天国」と称されたり「地獄」と称されたりするのかは、ご存じですヨね。